<< やっぱり | main | ことばたち >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
怒りから哀しみに変わって、自分が仕事が出来ないからいけないのだと、何ともならない哀しみになって、土曜になっても鬱々としていた。

この苦しみは、どの土地にいたって、どの会社にいたって、きっと落ちてしまう、そういう苦しみで、哀しみだろうな。

ふと、昔も同じ思いに至ったことがあった、て思い出す。

一年目の夏から秋に変わる頃に。


あの時も、会社を辞めようと思い、でも、最終辞めなかった、
のは、「この苦しみは、自分が原因だから、他の会社に行ってもきっとまた巡り会う。
だけど、上司や同僚に恵まれた今のこの職場は他にはないかもしれない。」

と思ったから。




こういう、辛いときに、気持ちを持ち上げてくれる、落ち込みからはい上がるときのロープかなんか、垂らしてくれる人が、いる場所、にいたいと思う。
甘えかもしれないが。



今日も朝から鬱々としていたが、他社人事同期の結婚式二次会でロープのはしっこを掴めた。


闘争心を、少しだけど、取り戻した。
彼らに、負けてられない、なぁ。



こういう人たちに、時々会わなければ。

では次帰って来るときは、くのいちに会おう。
| diary | 01:18 | - | -
| - | 01:18 | - | -
PROFILE
noring bookshelf
RECOMMEND
Interpreter of Maladies
Interpreter of Maladies (JUGEMレビュー »)
Jhumpa Lahiri
絶品!海外作品は苦手な私ですが、これは別!英語でも読みやすい!とても素晴らしい作家です。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS


Favorite blog list


LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM