<< 『そうか、もう君はいないのか』 | main |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
とう、生きて行ったら良いものか、と思う。
迷う。
寂しい。
虚しさを少し、少しだけど感じる。

このままでいいのか?
と、ほぼ毎日思う。

だけど、動けない。

三年後を思う。
このままの日々が続くのだろうか。
三年前を思う。
このままの日々が続いたのだ。



どうしたいんだろうか。

ただ、怖いし、そこまでの力もないのだ。
逸脱する事、守られた立場から抜け出す事。

怖いし、力もないのだ。


毎日、自覚している。
このままでいいのか、と問う自分と、怖がり、力のない自分に諦める自分を。

続いて行くのだろうか。
こう思う毎日が。
ずっと、ずっと。二年、三年、五年、六年、十年、十一年、と。

それで、自分はどうなんだろうか。
それで、自分はどうなんだろうか。
それで、自分は、どうなんだろうか。


保証なくして生きていけない弱さと、想いの弱さを、自分の小ささを、思い知る。
| Osaka days | 23:59 | - | -
| - | 23:59 | - | -
PROFILE
noring bookshelf
RECOMMEND
Interpreter of Maladies
Interpreter of Maladies (JUGEMレビュー »)
Jhumpa Lahiri
絶品!海外作品は苦手な私ですが、これは別!英語でも読みやすい!とても素晴らしい作家です。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS


Favorite blog list


LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM